プラチナデータ

東野圭吾さんの小説が原作の映画です。

主演は嵐の二宮和也さん。

ほぼ、W主演と言っても良いのでしょうか?
二宮さん演じるDNAプロファイリングのシステム開発責任者を追う刑事役に豊川悦司さんという豪華な布陣です。

お話しは、前述のDNAプロファイリングシステム=全国民のDNA情報が収集されてしまうことに反対する人たちが何者かによって殺害されるが、犯人はそのシステムに引っかからない謎の人物。

そのうち、システム開発の中核を担う、主人公のパートナーとも言える兄妹が殺害される。

その場から発見されたDNAから割り出された犯人は、なんと主人公のもの!
逃亡を続けながら謎を追う主人公はまた、自分自身を疑わざるを得ない秘密も抱えていて…。

というもの。

ミステリーに慣れた方だと割と早く犯人が分かってしまうかも知れません。

が、主人公とそれを追う刑事が追い追われる立場から、共に真相を探る間柄になっていく過程は面白かったですっ。

魅力ある演者だから尚更。

御二方の演技を楽しめる作品だと思います。

関連記事

return top