銀行員でも弁護士でもなく…

私の中で堺雅人さんといえば、
新選組!の山南敬助、そして蛮幽鬼のサジです!

新選組!といえば数年前の三谷幸喜脚本の大河ドラマ、
というだけでもう説明は不要だと思いますが、

蛮幽鬼は『モンテ・クリスト伯』(巌窟王)をモチーフにした劇団☆新感線のお芝居です。

ゲキ×シネという、劇場の舞台を映画館で見るという企画で観劇したのですが、
堺さん演じるサジが本当に素晴らしかった!

サジは、あのどこか胡散臭く見える(心から本気で褒めてます)笑顔で、
そしてスマートな身のこなしで、あっさりと人を殺す最恐の暗殺者の役でした。

途中までは上川隆也さん演じる主人公・伊達土門の側近のような存在として、
そしてラストは最大のライバルとして、立ち回る姿が本当に素敵でした。

アレを見ているせいで、倍返しの銀行員よりも
キレッキレの弁護士の方が個人的にしっくりきてしまいます(笑)

関連記事

return top