音楽の日感想AKB48中心

 8月2日土曜日の午後2時から翌朝5時まで放送されたTBS音楽の日の感想を、AKB48中心に書いてみようと思います。

 まず、アニメコーナーの「キャンディ・キャンディ」カバー。

ぱるるセンターで選抜常連メンバーは少なめな構成。
キャンディを意識したのか、ウェーブがかったツインテールのぱるるが可愛い!髪型によっては微妙になる時もある彼女ですが、この番組では全体を通して可愛かったです。

歌は声量のせいか音響が良くないのかパートによっては小さくなってしまう場面があったのがちょっと残念でした。

 「心のプラカード」ではメンバー直筆のプラカードが出ますが、まゆゆからのお誘いを中居くんがあっさり拒否していて笑えました。

 たかみなはネットで激ヤセしたと話題にされていたのを逆手に取って否定。
原因を作った西川くんも共演しているところでのこのパフォーマンス、知らない人には意味がわからないところがちょっと難点かも。

 中居くんの「大島見てる?」とか指原いじりもさすがでした。

 「真夏のSounds good!」という選曲はちょっと意外でした。
夏歌だったらポニシュやエビカツの方が有名どころだと思うのですが…深読みをすると、この曲は次世代への橋渡し的な意味合いのMVと振り付けなので、新しい時代のAKBを印象付けたいのかなとも感じました。

 それを象徴するのが、センターのまゆゆとペアになるポジションにHKTの宮脇さくらちゃんを持ってきていた事。
他番組に出ていた時に、「あの可愛い子はだれ?」とネットで話題になっていたのを受けての起用かな?と思いましたが、確かに可愛いしスタイルが良いのが目を引きました。

 最後に、モーニング娘。
の保田圭ちゃんと指原のデュエット。
中居くんが圭ちゃんを褒め倒していて面白かったです。
ハモリも上手かったし、指原の声はホント可愛いなぁというのを再確認しました。

関連記事

return top